top_ichatch-01.jpg

森をさんぽしていると、出逢う「木々」、そんな木々たちは毎日、毎日、すこしずつ土に根をはり、おひさまに向かって枝をのばし、風の日にはくすぐったそうに口ずさむ。そう、かわいらしい木々はまるで子ども達!

やがて、かわいらしい木々たちが、枝いっぱいに実をたたえ、鳥たちの休息の場をあたえ、恵み豊かな森をつくっていくように森のさんぽ道は子ども達の成長にそっと寄り添い、ひとりひとり個性を大切にした保育を取り組みます。